å…Ĩ園åŧīŧˆãƒŠã‚¤ãƒ†ã‚Ŗãƒŗグįˇ´įŋ’ 1īŧ‰

ãƒģå…Ĩ園åŧãžã§ãŽæē–å‚™

ãƒģå…Ĩ園åŧåŊ“æ—Ĩ

ãƒģå…Ĩ園åŧãŒįĩ‚わãŖãĻ

 

å…Ĩ園がæąēãžã‚Šã€č‰˛ã€…č˛ˇã‚ãĒããĄã‚ƒã„ã‘ãĒã„ã‚‚ãŽãŒåąąãŽã‚ˆã†ãĢありぞした。

書いãĻいくとそれだけでįĩ‚わãŖãĻしぞうくらいありぞした。

äŊ•åēĻãĢも分けãĻãŽč˛ˇã„į‰Šã‚’大変だãŖたけお、äŊ•ã‚ˆã‚Šä¸€į•Ē大変ãĒぎは名前äģ˜ã‘でした。

 

äžŋ刊グッã‚ēã‚‚æ¤œč¨Žã—ãŸã‘ãŠã€ã‚„ãŖãąã‚ŠčĻĒからé›ĸれãĻ頑åŧĩる娘をåŋœæ´ã—たくãĻ、一文字一文字書いãĻあげようと思ãŖãĻ頑åŧĩりぞした。

 

å…Ĩ園åŧãŽæ—Ĩ 

æē–備がčļŗりãĻãĒいせいで朝からドã‚ŋバã‚ŋ。č‡Ē分がåąĨく゚トッキãƒŗグがãĒいことが判明。æ€Ĩいでã‚ŗãƒŗãƒ“ãƒ‹ã§č˛ˇãŖãĻくることから始ぞり、娘ぎéĢĒをしばãŖたりč‡Ē分ぎį”¨æ„ã—たり、そんãĒこんãĒでåšŧį¨šåœ’ãĢ行ãŖãĻ、ぞずはįŽ„é–ĸã§č¨˜åŋĩæ’ŽåŊąã€‚園ãĢå…ĨるとįˇŠåŧĩしãĻいるぎかãŦんãŦんはį„Ąč¨€ãĢ。先į”ŸãĢįŦ‘éĄ”ã¯čĻ‹ã›ãĻくれたけお、å…Ĩ園åŧãŽæœ€ä¸­ã¯čŊãĄį€ã‹ãĒい。æĨčŗ“ãŽæ–šã‚„åœ’é•ˇå…ˆį”ŸãŽãŠčŠąã¯ãžãŖãŸãčžã„ãĻいぞせんでした。大丈å¤ĢãĒぎだろうかと不厉ãĢãĒりぞした。

åŧãŒįĩ‚わり教厤ãĢæˆģると「もう帰りたい。」「ぞだあるぎīŧŸã€ã¨ã™ã§ãĢåšŧį¨šåœ’ãĢいることãĢéŖŊきãĻぞした。先į”ŸãŽį´šäģ‹ã‚„čĒŦ明がįĩ‚ã‚ã‚‹ã¨éĄ”č‰˛ã¯æ‚Ēãã€å…ˇåˆãŒæ‚ĒそうãĢãĒãŖãĻぞした。åŽļãĢ帰るといつもぎãŦんãŦんãĢæˆģãŖãĻぞしたけおね。

 

おįĨã„ãĢ「おでかけするよ。」というとæ€Ĩいでæē–備。かãĒり旊かãŖたです。でもčģŠãĢ乗ãŖãĻしばらくはいつもぎようãĢ歌を歌ãŖたり、おぞぞごとぎようãĒことをしたりしãĻたんですが、静かãĢãĒãŖたぎで様子をčĻ‹ã‚‹ã¨ã€å¯ãĻぞした。

晎æŽĩはおæ˜ŧ寝をしãĒいãŦんãŦん。

よãŖãŊおį–˛ã‚ŒãŸã‚“でしょうね。ぐãŖã™ã‚Šã§ã—ãŸã€‚å¯éĄ”ã‚’čĻ‹ãĻãĻãĒぜかæļ™ãŒå‡ēそうãĢãĒりぞした。いつも明るいãŦんãŦんだから大丈å¤Ģだろうと思ãŖãĻたけお、æĨŊしãŋと不厉でずãŖとæˆĻãŖãĻいたんだãĒ。と思うと、もãŖと頑åŧĩãŖたãŦんãŦã‚“ã‚’č¤’ã‚ãĻあげればよかãŖたと垌悔しぞした。

 

å­äž›ãŽæˆé•ˇã¯ã‚ãŖãŸã„ã†é–“ã§ãŠã‚“ãŠã‚“æˆé•ˇã—ãĻしぞうからこそ、äģŠä¸€įˇ’ãĢ過ごせる時間が大切ãĒんだと攚めãĻ感じたå…Ĩ園åŧãĢãĒりぞした。